植木まつり 10月7日

今年は秋晴れの天候に恵まれてにぎやかでした。
昨年は鉢植えの「無花果(いちじく)」を買いましたが、今年は西谷のお野菜と栗ごはん・・・。
実のなる木や、花が大好きな私にとっては、植木市の会場をウロウロするだけで幸せな気持ちをいただきます。

 

薬と健康の習慣 特別記念講演会 10月6日

市民の皆さんに「かかりつけ医」と「かかりつけ薬局」を持ってください、とお願いしました。
処方されたお薬をよく知り、副作用などもきちんと知ることが大事です。
私は今年の3月から4月にかけて右足が痛くて痛くて大変でした。
休むことが出来ないのでひきずって仕事をしていましたが、お薬で治って涙が出るほど嬉しかったです。

 

第10回 づか写真同好会写真展 10月6日

土・日・祝日は地域で活発に行われているイベントに出席します。
「づか写真展」も10回目。毎回力作に出逢えるのが楽しみですし、写真を撮った時の様子を伺えるのがこれまた嬉しいです。
私が生まれた近くの「熊野古道」や、若かりし頃に登った北アルプスの写真を見ると本当になつかしくて、しばし思い出話を語ったりします。

 

3選出馬を要請する決議

 宝塚市では、二代にわたって現役市長が汚職で逮捕され、有罪判決を受けるという恥ずべき歴史がありました。「クリーンな女性市長を!」のスローガンのもと汚職市政と決別したいと切望する市民の声を受け、中川ともこ市長が2009年4月に誕生してから2期7年目を迎えています。
 中川市政のこの7年間の実績は①汚職と無縁なクリーンな市政 ②市立病院の再建 ③市財政の健全化(赤字財政の圧縮) ④高齢者・子ども・障がい者にやさしいまちづくり ⑤原発ゼロをめざし、新エネルギー施策を推進 ⑥反戦・平和の旗幟の鮮明化⑦地元文化の尊重と新しい文化の創造 ⑧2014年トリプル周年事業の成功──など広い範囲におよんでいます。
 しかし、一方でNTN宝塚および宝塚ガーデンフィールズの跡地利活用、中央公民館の整備、行財政改革のさらなる推進、市立病院経営の健全化など解決すべき課題も残されています。また、未来に希望が持て、躍動に満ちたまちづくりという「夢」の実現も今後にかかっています。道は半ばといえます。
 こうした課題の実現には、市民の小さな声にも耳を傾け、弱者の視点に立ち、市民と共に歩もうという志のある市長の存在が不可欠です。中川さんの他に、適任の首長候補を私たちはみいだすことができません。
 来年4月に予定されている宝塚市長選挙に際し、3選をめざし、立候補して下さるよう中川ともこ市長に要請することを決議いたします。
  
2016年4月29日 中川ともこと歩む会総会参加者一同

3選要請決議